クリニックの治療で治す|誰にも相談できない尿失禁は医師に相談!

smile

尿漏れの種類と治療法

看護師

尿失禁は、骨盤底筋体操にて尿道周辺の筋力をアップすることで症状を改善することが出来ます。また冷えへの対策も重要で、なるべく体を冷やさないでいることも大切です。冬場の外出の際には必ずカイロなどを使用しましょう。そして少しでも尿の漏れがある場合には、早期の内に泌尿器科の医師に相談することが重要です。

詳しくはコチラ

女性が抱えるあの悩み

ヒップ

咳やくしゃみなどがきっかけで尿が漏れてしまうことを尿漏れと言います。多くは骨盤底筋の緩みによって起こります。治療は骨盤底筋のトレーニングが主となります。子供や若者の筋力低下が問題視されている現在、尿漏れに悩む人の数も増えていくと予測されます。

詳しくはコチラ

泌尿器の治療

医者

前立腺の病気は自覚症状が現れにくいことかあり、泌尿器科で定期的な検査を受けることが大切です。PSA検査の値が大きく変化した場合は、特に注意を要します。埼玉の泌尿器科では新しい前立腺肥大症の日帰り手術を行っており、負担を抑えた治療が可能です。

詳しくはコチラ

多くの人が経験しています

お尻

40歳以上であれば3人に1人、50歳以上であれば実に9割の人が一度は経験したことがあると言われているのが、「尿失禁」です。尿失禁は、尿漏れとも言われることがありますが、くしゃみや咳、重いものを持つなど、お腹に力が入った状態の時に尿が漏れてしまう腹圧性尿失禁と、急にトイレに行きたくなりその際に漏れてしまう切迫性尿失禁の2つのタイプに分けることが出来ます。タイプによって治療方法が異なりますので、注意が必要です。また、尿失禁は直接命に関わるような病気というわけではありません。しかし、いつ尿漏れがあるかわからない状況の中での生活は、生活の質を著しく低下させることになりますので、早めに治療を受けることが大切になります。

尿失禁の治療の際には、いつどのような状況の時に、どのくらいの量の尿漏れがあるのかということを正確に医師に伝えるということが必要になります。日記などに尿失禁があった時の状況などを記しておくようにすると、診察の際に役立つでしょう。病院で行われる検査方法としては、最尿検査・超音波検査・ウロダイナミクス検査などが必要に応じて行われます。病院に応じて行われる検査が異なる場合がありますので、分からないことがあれば事前に確認するようにしましょう。骨盤底筋を鍛えることにより、早い人では一ヶ月程度で効果を実感することが出来る場合もあります。特別な道具を必要とせず、どこでも行うことが出来る方法ですので、気軽に行うことが出来ます。