クリニックの治療で治す|誰にも相談できない尿失禁は医師に相談!

smile

泌尿器の治療

医者

男性は定期検査が必要です

前立腺の病気は、多くの場合泌尿器科での診療となります。前立腺の病気は概して自覚症状が現れにくいため、男性は定期的に検査を受けることが必要です。最近ではPSA検査と呼ばれる方法で様々な病気の可能性が分かります。埼玉の泌尿器科でもこの手の検査を随時実施しており、健康状態を調べることが可能です。PSA検査を受けた場合に注意しなければならないのが、検査値の変化です。以前の数値に比べて遥かに大きな変化が見られた場合には、重篤な病気が隠れている可能性があります。PSAの値はがんをチェックする際にも用いられており、異常が見られたら早めに精密検査を受けることが大切です。PSAは、がん以外の病気でも上昇します。

日帰り手術も可能です

埼玉の泌尿器科では、中高年の男性に多い前立腺肥大症の日帰り手術を行っています。前立腺肥大症は、重症化すると頻尿や尿が出にくいなどの症状が現れてくるのが特徴です。この泌尿器科は、埼玉でもまだ余り一般的でない新しいアプローチを取り入れて手術を行います。内視鏡を用いたこの手術は出血も少なくて済み、様々な点でメリットが得られる治療法です。埼玉の泌尿器科で行われている手術は、実の所体の負担を大幅に減らすことが出来ます。これまでの手術で見られた溶液による吐き気などが生じる心配がなく、スムーズに治療が受けられます。入院の必要がなくなったことで、経済的な面でも負担を減らすことが可能です。前立腺治療が格段に進歩しているのが、現在の状況と言えます。