クリニックの治療で治す|誰にも相談できない尿失禁は医師に相談!

smile

女性が抱えるあの悩み

ヒップ

種類と人気のケア方法

咳やくしゃみをした時などに、意図せず尿が漏れてしまうことを尿漏れと言います。このように腹圧が瞬時に高まった際に起こる尿漏れを腹圧性尿失禁と言います。尿漏れの中では一番多いタイプになります。この他には、加齢によって増加する切迫性尿失禁、脊髄の疾患が原因で起こる反射性尿失禁、尿排出障害によって起こる溢流性尿失禁などがあります。反射性尿失禁と溢流性尿失禁は少数になります。尿漏れは圧倒的に女性に多く起こります。なので、生理用品とは別に尿漏れ専用ナプキンが多数販売されています。病院での治療よりも、自分でできるセルフケアを好む人が多く見られます。ナプキンにも様々な種類があり、微量用や長時間用、消臭効果のあるものやコットン素材のものまで様々です。

原因は骨盤底筋

尿漏れは、40歳以降の女性の3人から4人に1人の割合で起こります。更年期を迎えると、さらに多くの人に出現します。尿漏れの原因で最も多いとされるのが骨盤底筋の緩みです。骨盤底筋とは、膀胱、尿道、子宮、膣などを支えている筋肉です。骨盤底筋は弱まることでこれらの器官が下がり、膀胱や尿道が圧迫されてしまいます。常に圧迫された状態にあるので、咳やくしゃみなどの些細なきっかけでも、尿が漏れてしまうのです。尿漏れの治療は、主に骨盤底筋のトレーニングです。病院で指導を受け、自宅で行うことができます。尿道粘膜の萎縮が見られた場合には、ホルモン治療が行われます。また、トレーニングを長期間行っても効果が現れない場合は、内服治療や手術が行われます。ここ数年、肥満や痩せすぎの子供や若者が急増しており、筋力低下が問題となっています。当然骨盤底筋の筋力も弱くなるので、尿漏れのリスクは高くなります。体質改善などを行わない限り、尿漏れに悩む女性はこれからも増え続けると見られています。